toggle
ブログ

アトリエ6歳になりました

9月15日でアトリエも6歳になりました。

半分は新型コロナとの戦いでしたが、

生徒の皆様や、感染対策を続けてくださる諸先生方のお陰で

ここまでこれたな、と安堵と感謝の気持ちで一杯です。

ありがとうございました。

アトリエオープン時は未就学児や小学生だった子供達も

高学年や中学生になり

子供達の成長に驚きと喜びを感じています。

大人の皆様とは、月に1、2回お会いできるだけでも

本当に嬉しく、親戚のような気持ちでおります。(私だけ)

健康第一で無理しないようにしましょう。

色んな事に挑戦しつつ手探りの6年間でしたが、

7年目のアトリエはコロナ感染症とも共存しつつ

時間と気持ちに余白を持って

充実した1年間を過ごしていきたいと思います。

ミニマムに、しかしマキシマムの可能性を感じながら。

『葉っぱのおうち』

夏の寺子屋 ポーリングアート

 夏の終わりに、学芸大学の美術科専攻の学生さん達が、

面白いアートを教えてくださいました。

子供から大人までみんなが楽しめるアートです。

ポーリングアートとは?

ポーリングとは、そそぐ、流れるという意味だそうで、

貝殻やシーグラスや木の枝などをキャンバスに貼り付け、

作った絵の具を1つのカップに入れて、、、

ドバッと一気にたらします。
勇気がいります。
どろ〜〜。重力に任せて絵の具をキャンバスに広げます。
明るい色も作ったはずなのに?!
夜の森はホタルの森へ。
想像が膨らみましたね。
もいっちょ、そうれっ!
先生にささえてもらって。
流れる色、混ざる色、広がる色。
並べ方、色、感覚を研ぎ澄まして。
大人の作品。無心で制作したら、あっという間の2時間でした。

子供から大人まで誰もが楽しめるポーリングアート。

宇宙に飛んでいきそう。小1男子

1人1人の夏の思い出となりました。

今年の夏はこれでおしまい。

酷暑や雨や病気にも負けず、

お越しくださった皆様、

教えてくださいました諸先生方、

本当にお疲れ様でした。

ありがとうございました。

夏の寺子屋 東大博物館へGO!

 今年は思考力や好奇心を養うカリキュラムをやってみました。

 最近私が感じるのは、学ぶ事(勉強)が嫌いという子が多いという事です。

不思議に思う事、そして考える事が少しでも楽しくなってくれたら

いいなと思います。

アトリエ個別授業のS講師もまた、

自ら学ぶ姿勢を大切に指導しているので、

夏の寺子屋では、「問い」を探しに出かけました。

 東大本郷キャンパス内には博物館があります。

そこで各々が興味を持った物に対して「問い」の収集をし、

アトリエに戻って「問い」の分類、

そして考察、議論をします。

キャンパスツアーをしつつ学食でランチのお楽しみ付きです♪

東大本郷キャンパス内にあり、中は研究室も兼ねているので入館者は制限されます。
赤門はまだ閉鎖中
図書館の建物も素敵
法学部のある建物通路。
ハリーポッターに出てきそう。
安田講堂。
安田講堂の下にある中央食堂でランチタイム。

アトリエに戻り、グループに分かれて「問い」の分類をしました。

1,すぐに答えが見つかる問い(調べればすぐ答えが見つかる)

2,時間をかけて考えれば答えが見つかりそうな問い(調べる+考えれば思いつきそう)

3,いくら考えても答えが見つかりそうに無い問い(調べる+考えても答えがないもの)

調べ方のコツや、どんな問いが良いのか?

研究テーマの選び方などを教わり、

最後は各々の問いを1つ選び、

発表して講習は終わりました。

「すぐに答えは出なくても良いんだよ」

というS講師の言葉に、

少しホッとした顔を見せる子供達が印象的でした。

夏の寺子屋 サコッシュを作ろう

最近は何でも100円ショップやインターネットで

簡単に物が買える時代。

買ったほうが安かったりもします。

しかし、物を作るためには説明を聞いて、理解し、

時間の中で仕上げていく。

そんな一連の高度な経験が出来るのです。

またミシンを使う場合は、危ないのでお喋り禁止です!

ミシンの使い方も丁寧に教えてくれました
ミシンを使うときは全集中です
ミシンだと売っている物みたいに仕上がります
くるみぼたんも手作りしました
すぐ使えるものって嬉しいね
合わせる布地で印象が違うバッグになりました

何が難しかったかというと。。。

実は、くるみボタン付けだそうです。

針に糸を通す、玉止めする、手縫いする。

基本もしっかり教えてもらいました。

暑い中、試作から材料準備など先生方もお疲れ様でした。

夏の寺子屋 裁判所へGo!

アトリエでは、ものづくりや絵画以外に勉強系も

少しやっています。

与えられる勉強ではなく、

一緒に考えたり話し合ったりしながら、

知ることを楽しみ、

疑問や好奇心を学びに結びつけてゆきます。

今年の4月に開講した輪読会では、

早稲田大学大学院で法律を学んでいる方が先生になって

『刑法入門』山口 厚著を読んでいます。

そして、先生や子供達から東京地裁で傍聴するという

企画が産まれました。

裁判所はドラマではおなじみのシーンだったりもしますが、

本物を見に行くって?!、、、少々ドキドキの経験でした。

東京地裁は霞ヶ関から徒歩1分
いきなりの風景にビビりました
アトリエに戻って今日の傍聴の事を話し合いました
裁判所管内では撮影禁止のため、裁判に関わった方の似顔絵
審議内容もメモに取りました

夏場は裁判の件数が少なく、早めに並んで何とか傍聴できました。

アトリエに戻って、今日の傍聴内容や講師の質問に、

1人1人がしっかりと自分の考えを話すことが出来ました!

小学4年生から18歳まで、幅広い年齢層の輪読の会。

1冊の本を通して身近な刑法を学び、

各々の考えや意見を交わしています。

今回の寺子屋では、その積み重ねの成果を感じました。

夏の寺子屋始まりました

 夏です。今年も寺子屋が始まりました。

トップバッターは『アメリカンクラフトのカード作り』。

今やLINEやスタンプでポンと気持ちを送る時代ですが、

作る喜び、贈る喜びを伝えたくて企画しました。

講師は私の友人でネイリストでもあります。w

細かいこと大好きな子(今年は大人も)、集まれ〜〜。

型抜きした小さなパーツを組み合わせて色々なお花を作ります
エンボスマシーン登場!!ガコガコガコッと結構力が要ります
色合わせ、形あわせ、形を造形して沢山お花ができました
姉のBDカードとクリスマスのカードを作りました
夏らしい爽やかな色の組み合わせ
ポップアップの箱の柄も素敵  右のカードは手描きの絵を添えて秋生まれのお母さんへ 

すっかり沼にはまった大人と子供。

あっという間の2時間でした。

 セカンドバッターは『MY箸を作ろう』です。

毎日使うお箸、素材は安心安全のヒノキ。

カンナで削って作る本格派です。

ヒノキの良い香りに包まれて、、まるで森林浴〜。

8面体に削れるように台も先生のお手製。小さなカンナで削っていきます
素材の事、道具の使い方など、初めての事に、皆興味津々
胡桃を砕いて、胡桃オイルでお箸をコーティングしました。胡桃の天然オイルで削りたてのヒノキが少し濃い色になりました
アクリル絵の具で着色しました
箸袋を作ってMY箸の完成です!

天然素材を使った世界に1つだけのMY箸。

大切に、思い出と一緒に使ってください。

講習会のために何度もお打ち合わせを重ね、

材料、道具を準備してくださった先生方、お疲れ様でした。

そして暑い中、来てくださった皆様、

本当にありがとうございました。

戦争を身近に感じて

春休みが終わり、新年度が始まりました。

最初の授業は、ジョイント部分が動くイラストです。

好きなイラストを考えましたが、

子供達から出てきた言葉や絵が、戦いをイメージするものが案外多くて驚きました。

戦車が大砲を撃っているところ 小1 男子
ゴジラが攻めている 小3 男子
ゲームのキャラクター 小5 女子
ピストルがたくさん 小6 男子

4月の3週目は手形絵画でした。

砲弾の中のドラゴン 小2 男子
きりん    小5 女子
ロボット 小1 男子

どうか1日も早く平和な日々が訪れますように。

春よこい早くこい

 2022年がスタートして1ヶ月がたちました。

オミクロンカブの大流行で、私達もとても神経をすり減らしていますが、

子供達の「楽しかった!」や作品に元気をもらっています。

綺麗な色も見ているだけで気持ちが明るくなります。

そんな春を心に描いて。

植物造形サイコー!

気がつけば今年もあと1ヶ月。

一年ぶり(以上の方も)に再会でき、

皆様とclapsさんに感謝しています。

年末まで、もうひと頑張りしよう!

仕上がったスワッグを見ながら、

そう思えた、ひとときでした。

 お忙しい中、授業の準備をして下さったclapsさん。

いつも私達の想像をはるかに超えた素敵な授業をして下さり、

本当にありがとうございました。

中秋の名月

 9月も中旬を過ぎて、ようやく暑さがひと段落してきました。

小学生のアトリエは子供達にも不織布マスクで来てもらうなど、

感染対策を強化しつつ対面授業を続けています。

7月から描き始めた石の絵。

手に持って、石の重みや形から想像してアクリル絵の具で石に着色しました。

さらに背景までつけることで、想像を広げてゆきました。

夏休み明けにも関わらず良く集中していました。

ジンベイザメ
棚の上の一輪の薔薇と招き猫
雨上がりのベランダで日向ぼっこ
おにぎりをみんなで食べよう
朝食
ハロゥインパーティー
ハムスターの運動会
お月見
招き猫とお月様

まだまだ素敵な作品がたくさんあり、

全部お見せしたいくらいです。

12月に2年ぶりに子供のアトリエ作品展を計画しています。

それに向けて芸術の秋を深めていきたいと思います。

そして、ご報告です。

9月15日にアトリエは5周年を迎えました。

CURIOさん、綺麗なお花をありがとうございます!感激!

皆様から助けられ、ただただ突っ走ってきた5年間のような気がします。

今度の5年間は落ち着いて、地に根を張って行こうと思います。

5年間ありがとうございました。

そして、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

夏の寺子屋 後半

パラリンピックと共に、夏の寺子屋後半が始まりました。

子供達に「夏休み何してた?」と聞くと、

「YOU TUBE見てた」という答えが多いような気がします。。。

緊急事態宣言下の夏休みでしたが、

2年ぶりに美術館へGO!してきました。

いわさきちひろ美術館で展示している、

『赤羽 末吉展』です。

墨絵と日本画の手法で描かれた日本の昔話し絵本は素晴らしく、

絵本の和紙に描いた墨絵の滲みやぼかし、?・繊細な筆使いなど、とても勉強になりました。

 さて、お次は私が今年の夏一番やってみたかったカリキュラム❤️

『私のテディベア』です。

 私が小学生の時にお友達の誕生日プレゼントにと、

ぬいぐるみのキットを使って作った犬のぬいぐるみ。

少しづつ形になってゆくのが楽しくて嬉しくて、

物作りにはまったキッカケになりました。

だから、時間のある夏休みに経験してほしいと思いました。

姉がテディベア作家をしていた事もあり、

アシスタントをしていた時期もあったので、

姉の作品を借りて展示し、本物もテディベアにも触れてもらいました。

1日、根気よく仕上げた私のテディベア。

可愛がってください。

縫い閉じたり、ジョイントを入れたり、目をつけたり、

手仕事って力がいるね。

大変のその先は、、、喜びに溢れていました。

暑い中、みんな来てくれてありがとう。

また、来年も面白い事しましょう。

保護者の方々ご送迎ありがとうございました。

講師の先生方、本当にお疲れ様でした。

夏の読書会

 8月から毎週日曜日に読書会を開きました。

個別授業(勉強) を担当している息子の大学が夏休みなので本人が企画しました。

withコロナが1年半も続き、私たちの日常も様変わりしています。

私自身、模索しながら、悩みながら、この先の不安を抱えながらです。

長男は、大学で倫理を勉強しており、大学はずっとオンライン授業。

同級生との関わりも殆ど無いような状況です。

初の試みと、ちょっと難しい本を選んだので、公には告知しませんでした。

withコロナが長引き、家族以外の人と話す機会が少なくなってしまい、

頭の中で自問自答することが増えました。

だからこそ、本(知)を通じて家族以外の人とも繋がっていきたいと思いました。

夏の寺子屋 前半1  

 立秋も過ぎ。。夏の寺子屋も7割かた終了し、

ホッとしています。

欠席者ゼロ。 驚きです!

今年は、アップサイクルをテーマにカリキュラムを作ってくれたN先生。

不用になったものを使えるものに変身するさせる驚きと、

作る楽しさを子供たちに教えてくれました。

『シャツが大変身!バッグ作り』

『ゆびあみ でアニマルバスケット』

さて、お次は〜。

盆踊りやお祭りなど今年もなくなり、

少しでも夏の気分を味わってもらいたくて、、、、

『おまつりあそび 』幼児さん〜低学年対象、

出来立てのわたあめって美味しい!
業務用わたあめ機
フルーツ寒天作り
いつも大人気のヨーヨー釣り
輪投げ

小学3年生以上は、『おまつりクッキング』

4つのクッキング、みんな全部クリア出来ました!

たこ焼き
わたあめ
ポップコーン
チョコバナナ

酷暑の中、ご送迎くださいました保護者の方、遅刻しないで来てくれたみんな。

準備して下さった先生方、汗だくでしたね。

お疲れ様でした。

2021夏の寺子屋はじまりました

 東京オリンピックと共に、夏の寺子屋もはじまりました。

子供達は、今年の夏も緊急事態宣言下の夏休みで学校のプールもあまりありません。

しかし、今年の夏はオリンピック選手たちから元気と希望をもらっています!

1人1人が自分の心のままに、ヒマワリと格闘した2日間でした。

小さな芸術家

 7月に入り梅雨の長雨が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

夏休みを目前に、幼児のアトリエではフィンガーペインティングをしました。

フィンガーペインティング用の絵の具も売られていますが、

絵の具作りから楽しみたいので、アトリエでは手作りします。

前日に小麦粉(薄力粉)と水をお鍋に入れてコトコト煮込み絵の具のもとを作ります。

当日は冷蔵庫で冷やしておいたひんやりプルプルの絵の具のもとに、

子供たちは「プリンみたい、食べた〜い」「スライム?!」と驚嘆。

自分の好きな色を3、4色水彩絵の具を選んでまぜまぜ。

絵の具の完成です。

ハートとピンクが好きなの

最初はおそるおそるですが、

紙の上で混ざり合う色を手で楽しみながら次第に大胆に。

やりきった!!

もうこうなると、見ているこちらも気持ちいい!

デカルコマニーにするとまた素敵な作品に。拝みたくなる。
笑顔の向こうに虹が見えたね
クラゲかな宇宙人かな
乗り物大好きM君、たくさん絵の具作ったね。

手は気持ちを表現する最も身近な道具です。

柔らかい手のひらや、かたいツメ、細い指先を使って描く。

幼児の時に是非体験してほしいと思います。

シャボン玉と子どもたち

 子どもはシャボン玉が大好きです。

シャボン玉の中に、子どもたちは何を見つけるのだろうか?

少し前、幼児のアトリエではシャボン玉を描きました。

シャボン玉の混ざり合う色を楽しみながらゆっくり描きました。

シャボン玉、お空へ飛んで行った
赤ちゃんのシャボン玉もいっぱいいたね
黒いのはビルだよ。ハートのシャボン玉見つけた
シャボン玉がくっついてお花みたい
にじいろ、素敵だね

心おだやかな幼児のアトリエでした。

上を向いていこう

春を迎えました。

小学生のアトリエでは、2月から和凧作りを初めて、

3月に凧揚げに行きました。

凧にタコ!?和紙だから書道みたいに描けばいいんだ!
筆先を使って細かく描いているね。
お花屋さんで花をじっくり観察してからアトリエで描いたよ。
竹ひごの取り付け。組み立ては丁寧に。
凧のあげかたや、凧の歴史、どうして凧が揚がるのか?などのレクチャー。
風のない日は、とにかく走れ!
風の強い日は凧が壊れたり、糸が絡んだり。。
帰る頃には、みんな凧名人。

大空にあがる凧、夕焼けが綺麗でした。

「こんなに走ったのは1年ぶり」という子の言葉に、

やって良かったなと思うカリキュラムでした。

こころの元気

2021年 笑うカボチャトリオ

お正月、いかがお過ごしでしたか?

年末年始は、窓辺作品展をやっていました。

幼児は名画の牛の模写、小学生は木版画です

 2021年が緊急事態宣言と共にはじまり、

アトリエとしては、やるべきか、やらざるべきか?悩みました。

しかし、教育機関や学校は閉めないとのこと。。。

物を作ったり、描いたりする事は心の健康にとても良いです。

体の健康と同時に心の健康も維持してゆきましょう。

この先の感染状況に注視しつつ、マスクや消毒、換気などに

一層気をつけながら頑張ります!

子供から笑いを

11月も勢いよく過ぎてゆきました。

子供たちから笑いと驚きを一杯もらっています。

コロナは怖いけれども、子供達の学びの場は守ってゆきたいです。

ちょっと個性的だけれど、面白い作品をご紹介します。

折り紙は自粛期間など自宅でする機会が多かったようで、

折り紙大好な子が多かったです。

お家でたくさん折って来てくれました。画面に入りきらなくて、苦労しました。
幼児のアトリエ『自画像』。名画の中に出てくる自画像を模写する年中さん。
『あっかんべー』年中さん。鏡に映る自分の顔。口の中をあーんと観察していました。
『顔の中に顔?』コラージュ用の美術館のチラシに興味が出て。。文字も面白いね。

いよいよ今年もあと1ヶ月。

いつも元気に通っている子供達のために、モミの木を飾ってみました。

飾りつけは子供達にお願いしようかな?

幸せな気持ちになりますように。

カボチャ三昧の秋でした

 9月の末に私の兄が大きなカボチャを持ってきてくれました。

兄の庭で育てた、大きな大きなおばけカボチャ。

10月は幼児のアトリエと小学生のアトリエ で描きました。

幼児のアトリエ
幼児クラス 『ハロウィンのおばけ』迫力満点!!
小学生のアトリエ
小学生の絵『ハロウィンパーティー』

自由画にしたら、あっという間に描いていました。

そして、、、今年最大のイベント?

イベント自粛と言いつつも、なんと70名くらいの方にお集まり頂き、

アセアセな日曜日でした。

カボチャの家族
紙芝居もやってみたり
今回1番大きなカボチャを、保護者の方にくり抜いてもらいました。お上手です!

お天気に恵まれ1時間半の短い時間でしたが、一番心配していた怪我も無く、

無事に終えることが出来ました。

ご参加下さった皆様、お手伝い下さった先生方、本当にお疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

今日はハロウィン。

我が家の窓辺は〜〜。

おばけカボチャの猫ランタン♪
2020-09-22 | お知らせ, ブログ

秋が来た

 アトリエ4歳になりました。

気温が落ち着くのと同じように、

気持ちも和らぎ、この先もしばらく続くコロナ禍ではありますが、

アトリエにお越し下さる方々は、お元気そう…

自重しながら5年目も、ものづくりを通して、

皆様を元気にしてゆきたいと思います。

小学生のソーイング ミシンクラス
N先生いつも丁寧なご指導、ありがとうございます。
小学生のアトリエ ランタン作り
この間小学生になったと思ったら、ずいぶんしっかりしたね。
アトリエFELT

夏の寺子屋2020 後半〜リーフペイント〜

 先週は酷暑続きで、私たち講師も熱中症や感染症対策に少し疲弊しましたが、

自然の美しさや子、供達の作品から元気をもらいました。

1枚1枚違った形の美しさに気づき、物の見方が変わると世界が違って見えるといいな、
と思って考えたカリキュラムです。
色も4色までと限定することにより、テキスタイルデザインにまとまりが出てきます。
ゆっくり、じっくり考えましたね。
シンプルなデザインで文字もバランスいい!
手順はいたってシンプルですが、発見と発想とプリント技術が必要です。
文章にすることによって、自分の作品を振り返りました。
1年生でも綺麗にプリント出来たね!
裏のデザインも好きだな〜。

子供達はいつだって大人の想像をはるかに超えます。

さぁ、今週はどんな作品に出会えるのだろうか?

少し暑さも和らいでくれるといいのだけれど。

頑張ります。。。

夏の寺子屋2020 後半スタートしました。〜羊毛マット〜

コロナ禍のお盆も終わり、夏休みも残すところ2週間となりました。

猛暑の中キャンセルも出ず、子供達がやってきました。

「夏休み楽しい?」と質問したら、「つまらない・・」との答え。

「じゃあ、早く学校始まるといいね」(汗)。「行きたくない」。。。

「なんで?!」と私。「疲れるから」。。。

「確かに、暑いものね」

この夏は室内で過ごす時間が多いようで、

子供達から体力とやる気が低下しているのを、ひしひしと感じました。

気を取り直して、さぁ、ゆるっと制作しましょう。

羊毛マット作りです。もふもふに癒されつつ、
石鹸水のシャワーでひんやり、冷たくて気持ちいいね。
なんて可愛いんでしょう!お花が大好きなお子さんの作品。
こちらはカラフルな羊毛が動きのある、力強い作品。

久しぶりのアトリエ時間。

9月に向けて、弾みになってくれるといいなと思います。

ご送迎の保護者様も暑い中ありがとうございました。

夏の寺子屋2020~その1 公園は宝の山~

 梅雨明けとほぼ同時に寺子屋が今年も始まりました。

コロナ禍で3蜜にならないように先生方とカリキュラムを考えました。

午前中は幼児クラス。公園へ宝物を探しにGO!。

行き慣れた公園でも見方を変えれば、宝の山❤️

アトリエに戻り。

宝箱の周りにも色を塗ります。

お片付けができた人から、夏のご褒美。

ヨーヨーすくいを楽しみました。😁♪

2020-07-20 | ブログ

夏の寺子屋募集始まります

 長い梅雨でしたが、そろそろ夏休み目前です。

8月は、子供のアトリエの通常授業をしない代わりに、毎年夏の寺子屋という講習会をしています。今年も先生方と新型コロナ対策を前提に知恵を絞り、楽しい夏休みの思い出ができるようにカリキュラムを考えました。

 ソーシャルディスタンスのため1クラス4人。という少々人数で、一人一人の個性を大切にしながら、楽しく造形や絵画、ミシンワークなどをしましょう。

7月23日(祝、木)9:00〜インターネットでのお申し込みになります。

毎年、あっと言う間に満席になってしまうクラスもございますので、お申し込みはお早めに!

お待ちしております。

5月の子供たち

 5月は自粛生活を送っていた子供達に絵手紙のような課題を出しました。

小学生のアトリエの子供達には、youtubeの中から『ピュ〜っと吹き絵』か『コロコロビー玉』そして、『見たい行きたい場所や景色』。

そして、幼児のアトリエの子供達には、『お母さんの絵』と『文字の貼り絵』。

ハガキ課題の裏に書かれた手書きの子供達の言葉や、保護者様からのメッセージなどに、とても元気とやる気を貰いました。

今更ですが、本当にありがとうございました。

みんなにとっても一生忘れられない思い出になったことでしょう。。。

2020-04-10 | お知らせ, ブログ

アトリエFELT 子供から大人までお家で楽しめる造形をyoutube配信はじめました。

描く力

1週間で世の中がガラリと変わってしまいました。

大人の働き方も、人々の気持ちも。

 

子供達は今、どうしているのだろう?

先週木曜日の授業を最後に、子供のアトリエも4月12日迄

お休みすることにしました。

先週は、子供達はコップの絵を完成させました。

 

1時間弱の短い時間でしたが、短時間でも描けるものだと感心!

IMG_1806

IMG_1820

さっさと描き、桜の花を拾いに近くの公園へ。満開の桜。

この時期しか描けないから、お花を拾って。

IMG_1815

IMG_1819

お迎えまでの数分間、観察画を描きました。

紙と鉛筆があれば、どこでもどんな時も、楽しめる子供達。

IMG_1803

月曜クラスはドロケイやっていたら、

いつの間にか刑務所でお絵描き始まっちゃって、

みんなで描くと楽しいんだけどね。。。

お外でアート2回目(幼児編)

今週も自粛ムードが続いている中、

近所の小学校では、校庭開放や自由登校が短時間だけ

始まりました。

 

小学生に引き続き、幼児のアトリエを恐る恐る再開。

春の花を描くカリキュラムだったので、

お外へスケッチをしに出かけました。

新しい画板を一人一人に手渡し、水筒を持って遠足気分♫

近所の公園に着き、描くもの探し。

「たんぽぽあるかな?」「あの木が描きたい!」など、

あっという間に好きなものを見つけて描いていました。

IMG_1717

IMG_1719

描いた後は、ご褒美のシャボン玉。鬼ごっこ。

IMG_1713

最初は、コロナが飛んでいるかもしれないからと、

マスクを外そうとしなかった子供達も、

少しリフレッシュできたようです。

 

大人よりも子供の方が純粋なので、

親やTVの影響がとても大きく、

小さいながらも気をつけている姿に切なくなりました。

 

一日も早く、日常が戻りますように。。

 

夜のシャボン玉

新型コロナウィルスの自粛が続く中、子供のアトリエが再開しました。

制作場所を公園に移し、スケッチブックを抱えて、公園へGo!

IMG_1647 IMG_1667

しばらくは遊びがとまりません。。。

久しぶりの仲間と、走ったり鬼ごっこをしたり思いっきり体を動かしました。

「そろそろシャボン玉をよく見て、観察してごらん」と言うと、

「中に木が見えるよ、家も見える!」「青と紫と黄色と‥虹色!」

IMG_1649IMG_1668

あっという間に集中して描き、

描き終わると、また走り回っていました。

IMG_1653

「夜のシャボン玉、はじめてだね」

と誰かが言いました。

 

遊びの中にアートはあります。

心や体を元気にしてくれます。

来週は何して遊ぼうか?

1 2 3 4